ワイルドセブン
ラグナロクHeimdal鯖にて活動中のギルド ワイルドセブンに所属しているやくらの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gv 7/23

 本日より、たまにやる合同GGではなく、
 期間を決めた同盟として参戦。いざ、えぼろばセブン発射!

 目標としていた同盟が放棄だったので、
 こちらもC1制圧防衛に変更してのスタート。


 3MAP防衛しながら攻めを待っていると、

■鹿さん来襲。
 いきなし強豪が(゜д゜)と緊張感が高まる。
 2MAP封鎖が始まり、こちらも改めて体制を構えるが
 なかなか突入がこない。
 多少の重力があったため、重力緩和を待っていたのか
 はたまた、攻め規模との平地戦を望んでいたのか
 予想以上の時間をあけられ、一回目の突入がくる。
 
 さすがに突入毎に、痛手がありEMCで建て直しをしていくものの
 3度目の突入で建て直しのタイミングを失い
 鹿EMCを確認後、エンペリセット。
 タイミングよかったのか、再び防衛ラインへの移行がスムーズにいく。
 このへんから、攻め規模不利かなーという重力が発生してくる。

 20:39頃。俺の部屋の主電源が落ちる。

 (゜д゜)・・・?

 20:40頃。懐中電灯をもってブレイカーを確保!

 20:42 PCに電源が入る!

 20:44 その間どうなったかはわからないが
 なんとか鹿の攻めを耐えてる様子。
 あわてて復帰を試みるが1回目は、他偵察への排除に巻き込まれ仏に。
 20:49 2回目、鹿EMCにまぎれ、トンドルで復帰する。
 その後、なんとか建て直し。
 20:57 鹿転戦を確認。

 
 
  
 21:00? 攻め先を探すために偵察を派遣していき
      残りは各Gごとに資材補給へ・・・と思ってる矢先

 21:05  PAPf同盟の偵察がくる。
 21:10  PAPf本体登場
 21:12  様子見の突入がくる

 俺 の 仕 事 は 必 死 で と び 蹴 り

 1,2回目の突入で、水晶削りと雷鳥への傷をいただき
 やはりここも、カイト対策が甘く後衛が落ちていく。
 一気に場が荒らされ、ERに追い込まれる。

 21:17  Evoまほろば ERでEMC
 21:18  PAPf 3MAPエンドでEmC
 21:18  W7 ERでEmC

 ERでは、3MAPでの不備を活かし、構造もあり
 水晶の保持役を一部へ大量型へと変更。
 PAPfの攻めが続く。
 この重力の中、一部に後衛にまで回りこまれ荒らされていく。
 しかし、ここは複数G同盟の強み、部分部分にEmCで建て直していき。
 致命的なライン破壊は逃れるが、ピンチ続きの中
 21:38頃?Faチマが来襲。
 
 FaチマとPAPfが平地戦を行う。
 この間に、Evo中心に燃料補給→EmCで建て直し。
 そして、Faチマ撤退し
 PAPf、EmCで3MAPエンドに集め再度攻めてくる。
 こちらもEmCで防衛ラインが戻りはじめたおかげで
 なんとかギリギリ抑える。
 その後、PAPf転戦。 

 21:46 そのまま、C3,その他に派兵するものの
 どこもかしこも、重力でなかなか進めずそのまま終了。

 
 なんとか ギリギリ・・・C1確保できた という形に終わりました。

 規模的にも重力的にも守れて当然といわれそうですが
 あの重力の中であれだけ動いてくるPAPfや鹿とあたったことで
 いろんな課題ができ、勉強させてもらった感じです。
 まったくおそろしいとこや(´д`)
 そして、次週に活かせるようがんばらねば。
 
 
 
 
 
 
 
 
 



    

 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。